ついに投資すると時という場面では、第一に準備をおろそかにしてはいけません。

トレードを行う前ならば、物事を理性的に見ることができるゆとりがあります。

しかしながら、ただ一度売買の内部へ飛び込んでしまうと受け取り方が自分勝手なものになってしまい、時々ちゃんとした判断が出来なくなる不安があります。

それゆえに自らの頭が落ち着いている時に適切に事前準備が必要です。

”事前準備”するためには、まずは自分の台本を記す事からスタートします。

将来の投資環境は上がる(または下がる)から、この通貨を勝負するといった、自分なりの台本を書いていきます。

次は時間足チャートを調べましょう。

為替相場の値動きを見定めて今の価格を確認します。

そうすると、「現時点では過度に低すぎるレベルにある」など、または「すでに多くの人々が買い(あるいは売り)に動いているから、これから自分が買い(または売り)してももうやりようがない」などと見えてきます。

当然、もはや売り(または買い)するが遅すぎるなと考えたならば何もせず、ここは潔く吹っ切ることが不可欠です。

どう試みてもあなたなりの物語を譲らずに無理にトレードすると為替相場にやられてしまい、逆に損することになります。

とは言うものの多くのケースで準備が整ったシナリオを思い描いていれば買い(または売り)がやりようがないというケースにはなることはありません。

リアルに外国為替市場が上げ下げする前のはずだから。

その次に差し当たりあなた自身が注文しようとする外貨の推移をちゃんと確認する事が肝心。

仮定としてドル高に向うだろうという台本を記したのであれば、該当する通貨の上下動に注目する事が大事です。

外国為替市場の上げ下げを注目し始めたばかりではまだドルは分かりやすく上下動する気配を見せないで上下に小幅な上下動を繰り返しているだけだろう。

だけど、その動きをしっかりと確認しているとある場面でじりじりと円安へと外国為替市場が変化し始めます。

ここでドル円の取引します。

通常は、ここまで準備をしておけば、そのトレードで勝てる率はかなり高くなるはずです。