愛車の売却額査定ポイントとして重視される点として走行距離が挙げられます。少なからず走行距離というのは、自動車の耐用年数とされることも多くありますので走行距離が長ければ長いほど査定では欠点になるでしょう。走行距離というのは短いとそれだけ自動車の売却額は増えますが実際のところそれほど細かい判断基準はないため定められた基準で査定が行われます。このような事は現実に中古車を中古車買い取り専門店で下取りする際も重視される見積査定の小さくないポイントです。例えば普通車ですと年間10000kmを基準としてこの走行距離を超えて走っていると多くの場合マイナス査定になります。軽自動車の場合年間走行距離が8千kmがまた年式が古いのに走行距離がとても短いという場合でも、査定金額が高額になるとも一概には言えません。現実に実行してみると良く感じられると思いますが、中古車は放っておかずに乗ってあげることによっても状態を維持しますからあまりにも短い走行距離の車であれば破損が起きやすいとも考えられる場合もあります。こういったことは車を売る際も一緒です。通常は年式・走行距離での査定の要点は保有年数にたいして適正な走行距離であるかということです。それからその車の年式も、車の見積査定の注意点です。きっちりと理解しているという人もたくさんいるだと考えていますが、基本的には年式については新しいほど査定をする上で有利なのですが、稀にですがそのシリーズにプレミアが付いているものは、昔の年式であっても高く見積してもらえる場合もあります。同一の種類で同じ年式でもちょうどその年にマイナーチェンジやモデルチェンジが発表されている場合は、もちろんそれぞれのブランド次第で買取額は違ってきます。中古車の見積もりという場合でもコンディションにより売却時の金額は異なってくるのです。