予測せず突然遭遇するのが乗用車の事故です。ここでどんな風に判断したかによって、自動車の保険料の受け取りもかなり違ってくるケースもありますので決断と行動が大切です。予期せぬケースにあって慌ててしまうのならば重大な工程を見過ごしてしまい先々自らが損を受ける状況も想像できるので交通事故に巻き込まれた時には冷静に以下の判断を行いましょう。自動車事故を起こしてしまった場面で最も初めにするべきは負傷した方の確認です。乗用車の事故のすぐ後は頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまうケースがありなかなか動けないのが現実です。その場面では、負傷者がいたら危なくない場所に移動して応急処置を行い周囲に助けを求める等して人命優先に努めることが大事です。救急車を呼ぶ時は明確な事故があった場所を知らせて不明確な場面では周りの分かり易い建物や番地名を連絡し事故が起こった位置を特定できるようにします。次に警察に知らせ、自動車事故が起きた事と現在の状況を伝えます。救急車と警察を待つ間に怪我人のことをチェックします。氏名、住んでいるところ、電話番号、免許証番号、車のナンバー事故の相手側の保険会社などなど互いの情報を教えあいます。その時に事故の相手方に過失がある状態ではすぐにやり取りしようとすることが存在しますが事故現場で処理するのではなく、どのような状態でも警察や自動車の保険会社通報して、正しく判断してもらいます。お互いの内容を教えたら車のさまたげにならないために妨げとなる物道路の上から除去します。万が一妨げになった物が他の人の車の邪魔になっている場合には自分と相手の情報交換をするより早くその作業を行ってしまっても構いません。その次に自分自身が加入している自動車の保険会社に電話をし車での事故があった事を届け出ます。自動車での事故から特定時間内で車の保険会社に電話を入れておかないと保険の適用されないこともありますのでできるだけ遅れることなく行動することが必要です。さらに事故の現場の様子としてデジタルカメラやタブレットで事故現場や愛車の破損の様子の写真を撮っておきます。この写真は過失割合を決める時にとても大きなデータとできるので自身の乗用車や先方のクルマの状態を全部証拠写真として残しておくことが大切です。その時に目撃した人がいたならば警察や保険屋さん辿り着くまで事故の現場に待機して頂くように頼むのも重要です。